医療創生大学 柏キャンパス

土谷 ちひろ

ツチヤチヒロ Chihio Tsuchiya

助教 博士(地域研究)

メッセージ

幼少期から多様な文化に触れる経験をしてきたことをきっかけに、世界中の国々に興味を持ちました。
SNSやインターネットからの情報では得られない、多様な文化背景県を持つ人々との関わりを通して得る経験や発見はとても面白いです。
学生にもその面白さを体感して欲しいと日々感じながら教育しています。

グローバル化が進む日本では、人々の多様性を尊重し、ニーズに合わせた看護実践が益々重要になっていきます。
大学では多様な人々と関わり、たくさんのことに興味を持ち、新たな挑戦してほしいです。

担当授業科目

  • 国際看護実習Ⅰ
  • 国際看護実習Ⅱ
  • 国際看護学
  • 英語診療演習
  • 地域を学ぶ
  • 地域・在宅看護学概論
  • 看護学総合講義
  • 地域における健康増進

専攻研究分野

  • 人類生態学
  • 国際看護学
  • 国際保健学

略歴

2022年6月 - 現在 医療創生大学, 国際看護学部, 助教
2022年4月 - 現在 京都大学, 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科, 特任助教
2020年4月 - 2022年3月 東京医科大学, 医学部看護学科, 助教
2017年4月 - 2020年3月 自治医科大学, 看護学部, 助教

主な研究業績

  • Tsuchiya, C., Pitakaka, F., Daefoni, J., & Furusawa, T. (2023). Relationship between individual-level social capital and non-communicable diseases among adults in Honiara, Solomon Islands. BMJ Nutrition, Prevention & Health, 6(2), 347.
  • Socioeconomic, Behavioral, and Cultural Factors of Obesity in Urban Solomon Islands (Ph.D. thesis) 土谷ちひろ 京都大学 2022年3月
  • Tsuchiya, C., Furusawa, T., Tagini, S., & Nakazawa, M. (2021). Socioeconomic and behavioral factors associated with obesity across sex and age in Honiara, Solomon Islands. Hawai'i Journal of Health & Social Welfare, 80(2), 24.
  • Tsuchiya, C., Tagini, S., Cafa, D., & Nakazawa, M. (2017). Socio-environmental and behavioral risk factors associated with obesity in the capital (Honiara), the Solomon Islands; case-control study. Obesity Medicine, 7, 34-42.
  • Tsuchiya, C., Amnatsatsue, K., Sirikulchayanonta, C., Kerdmongkol, P., & Nakazawa, M. (2017). Lifestyle-related factors for obesity among community-dwelling adults in Bangkok, Thailand. Kokusai Hoken Iryo (journal of International Health), 32(1), 9-16.

所属学協会

  • 日本国際看護学会
  • 日本国際保健医療学会
  • ルーラルナーシング学会